安全に遊びたいなら、大手サイトを利用すれば絶対確実です

はじめまして。林ひろゆきです。わたしは現在40代ですが、今でも出会い系で元気に活動しています。

当ブログは、わたしがこれまで20年以上出会い系で活動したなかで、損をしたり危ない思いをした経験を伝えていこうと作成しました。

出会い系サイトは、安全なサイトを正しく利用すれば怖いものではありません。ぜひ、みなさまのお役に立てればと思っています。

それでは具体的な安全でおすすめな出会い系サイトの紹介です。

みなさん、出会い系サイトに最も必要なものはなんだと思いますか?

それは女性会員数です。

悪徳出会い系サイトは、女性会員が集まらないからサクラを雇い、不正請求を繰り返し、ワンクリック詐欺に手を出すのです。

女性会員がきちんと集まっている大手出会い系サイトは、そういうインチキをする必要がないのです。

結局、出会いを成功させるには大手出会い系サイトしかないのです。「どこを使うか」を選ぶことに労力を使わないでください。「どう使うか」を徹底的に考えることで出会い系サイトは攻略することができるのです。

具体的には、以下の4つの大手出会い系サイトをまずは抑えておくことをおすすめします。

PCMAX

4サイトのなかでもっとも「軽い女の子」が多いサイトです。割り切りの女性も多いので、そういう女性を探しているなら一番のおすすめですね。援デリ業者が多いのがすこし残念。

ハッピーメール

会員数累計1500万人。日本最大の出会い系サイトです。無料ポイントサービスも頻繁にあって、登録だけしてほうっておいてたまに使うという使い方なら、無料で利用することができます。

ワクワクメール

4サイトを同時に巡回していると、掲示板の書きこみも新規入会もワクワクメールがいちばん活発です。もちろん、それだけ援デリ業者の動きも活発なんでしょうが、たとえば「明日暇だからなんとかしたい」というふうに急いでいるときは、ワクワクメールを利用しましょう。

イククル

上記3サイトに比べると、街なかでの看板や、女性誌の広告が目立ちませんね。会員数も少ないかもしれません。しかし、イククルではたまに、3000円以上購入するとポイントが2倍になるキャンペーンが開催されています。わたしは、この期間だけイククルに全力をそそぐことにしています。

img_1以上の4サイトは、間違いなく日本でトップ4と言える超大手の出会い系サイトです。ちょっとした繁華街であれば毎日のように宣伝トラックが走っていますし、目立つところに看板が設置されていたりします。それだけ一般女性の目に触れる機会が多いので、自然と女性会員が増えていくのです。

4サイトすべて無料サービスポイントが用意されているので、複数のサイトに入会するほど、オトクに利用することができます。

美人局(つつもたせ)の傾向と対策まとめ

出会い系サイトにおいては、悪徳業者以外であってもトラブルに巻き込まれないように注意する必要があります。

実はわたしは過去に美人局(つつもたせ)の被害にあったことがあります。

本当に恥ずかしい話ですが、本日はそのときの状況を公開し、さらにそのことから学んだ対策もお伝えしたいと思います。

わたしの美人局(つつもたせ)体験談

わたしはいつものように、出会い系サイトで知り合った女性と会う約束を取り付けました。

ドタキャンを防止する」ために前日に電話でお話し、予定通り彼女と会ったのでした。

しかし、メールや電話ではエロさ全開だったのに、会ってみるとぜんぜんセックスさせてくれる様子がありません。一生懸命ホテルに誘っても「今度会ったときね」とかわされてしまいます。

しかたなくその日はセックスをせずに帰りました。

さて、それから更に数日後。その彼女から携帯に着信がありました。わたしは、デートのお誘いと思い、鼻歌まじりに、通話ボタンを押すと見知らぬ男の声で、 「よくも俺の女に手をだしてくれたな」 と信じられない言葉が聞こえてきたのです。

わたしは状況がつかめず、しどろもどろになりながらなんとか対応しましたが、 電話口の男は容赦なくわたしに罵声を浴びせかけ、さらには慰謝料まで要求してきました。 そう、わたしは美人局の術中にはまってしまったのです。

しかし、時間が経つにつれ、ようやく冷静さを取り戻したわたしは、幸いにも彼女に自宅を教えてないことに気が付きました。 そして、会話の途中で携帯を切ったのです。

その後も、彼女の携帯から、恐ろしい数の着信や脅迫のメールが届きましたが、 自宅を知られてない強みがあったので、無視を決め込みました。 結果、数日経つと着信やメールはピタリと来なくなったのです。

今思えば、会ったときに男が登場するタイプの美人局ではなかっただけマシだったとは思いますが、実際に被害にあってみると、本当におそろしかったものです。

わたしだけに限らず、出会い系サイトで美人局の被害に遭った方はいらっしゃるでしょう。

中には、実際に金銭を渡した方もいらっしゃることでしょう。出会い系サイトは出会いを供給する一方で、そういった危険が伴うということも念頭に置かなくてはなりません。 そして、よりよく利用するには、それ相応の用心も必要なのです。

わたしの美人局(つつもたせ)対策

昔の美人局といえば、そのほとんどはヤクザやチンピラがらみでしたが、今では未成年の子供だってやっているというのですから驚きです。

グループで計画的に…続発する10代“美人局”の犯行手口

「ちょっと来いよ。人のオンナに手を出しやがって!」――10代の少年が「美人局」で御用だ。

出会い系サイトで知り合った男性会社員(28)からカネを脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いで警視庁に逮捕されたのは、いずれも無職の東京都小金井市の少年(19)、埼玉県新座市の少年(18)と、千葉県浦安市の高村初音容疑者(22)。

初音は昨年10月、出会い系サイトを通じて男性に援助交際を持ち掛け、「JR神田駅に来て」と呼び出した。同月15日午後8時半ごろ、コンビニで男性と待ち合わせし、近くのコインパーキングまで連れて行った。そこで偶然を装って現れた少年2人が約5分間、男性の腕をつかんで引きずり回し、「カネを出せ!」と脅した。会社員が大声で助けを求めたため、3人はカネを取らずに逃げたという。

初音らは調べに対し、「生活費や遊ぶカネが欲しかった。美人局をやれば、簡単に恐喝することができると思った」と容疑を認めている。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/198568

これは決して他人事ではありません。出会い系という見知らぬ男女が出会う場所である以上、美人局の犯罪は常に気をつけていなければなりません。

今は誰でもスマホをもっていますからね。女性と会っているところをいきなり写真で撮られて「これが俺の女に手を出した証拠だぞ」とでも凄まれてしまえば、追いつめられたような気持ちにもなってしまうと思われます。

特に、未成年たちが夏休みで暇をもてあますようになる今の時期は危険度が増しますね。それこそTwitterやInstagramで「美人局やってみたwwww」と自撮りしながら行う子が出てきてもおかしくありません。

しかし、出会い系の美人局は予防と対策が出来ます。もし、巻き込まれてしまったとしても被害を最小限に抑える準備をしておきましょう。

美人局の手口とは

出会い系における美人局の手口は、わかりやすく言えばサクラのそれとほとんど同じです。

  • すぐに会いたい
  • セックスがしたい
  • 逆援助交際しましょう

といったような、男がおもわず魅力的に感じてしまう要素を並べてくるのです。やたらにカワイイ女の子の写メをプロフィールに載せていたりもします。うーん、まんまサクラの手口ですね。唯一違うのは実際に会えることくらいです。

……つまり、サクラの対策をしていれば、自然と美人局対策にもなっているといえます。うまい話にはウラがある。これはサクラも美人局も同じですね。

当サイトではサクラ対策を詳しく紹介していますので、しっかりと記事をお読みいただければ露骨な美人局に引っかかってしまうことはまずなくなるでしょう。

しかし、中にはじっくりと腰を据えて計画的に犯行をたくらむ輩もいることでしょう。そんなバレバレのキャラクターではなく、リアリティのある一般女性を装って紛れている場合は厄介です。

電話番号は教えない

わたしのように電話で脅してくるタイプの美人局も多いので、電話番号を教えないことが大切です。

もし電話で通話したいなら 050plus などのスマホアプリを使いましょう。

050plus は月額300円で050から始まる番号を持てる人気アプリです。もしも危ない目にあったら解約すれば電話番号は存在しなくなるので安心ですね。

050 plus | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

待ち合わせの場所に注意する

もし、へんぴな場所を待ち合わせ場所に指定されたら気をつけてください。ホテルのそばの駐車場で待ち合わせ……、なんてのはもう限りなく怪しいです。そこに共犯である男が乗った車が待機しているに違いありません。

夫や彼氏がいるから、人通りの多い場所は避けたくって……なんてもっともらしい方便をつかってくることもありますが、わざわざそれに付き合う必要はありません。その理由が本当だとしても、同じことです。

「それならむしろ人通りの多い所のほうがいいよ! 逆にそんな人気のない場所で立っていたところを見つかったら、ますます怪しいよ?」

とでもいって説得をしましょう。十分、理屈は通っていると思います。ふつうの女性であれば、ここで頑なに拒否をすることはまずありません。それでもなお場所の変更を嫌がるようなら、美人局の確率が非常に高いといえます。

待ち合わせの場所は必ずこちらが指定し、駅前や店舗の中など、いざとなれば逃げ込める場所を確保できる場所で待ち合わせをしましょう。

直前になって待ち合わせの場所を変更してきた

すんなりと駅前で待ち合わせをすることができたものの、時間になっても相手が来ない。そんなとき、こんなメールが来たとします。

「ごめんなさい! ◯◯駅にはついたんだけど、迷っちゃったみたいで……いま△△ってコンビニの前にいるから、ここまできてくれませんか?」

たしかに、女性は方向音痴で迷子になりやすいと言われています。改札が1つしかないような小さな駅であればおかしな話ですが、繁華街の大きな駅でしたら迷うのも無理はないですからね。

この時点ではまだフィフティ・フィフティといったところでしょうか。怪しいですが、クロともいい切れません。ただ、明らかに不自然な理由で待ち合わせ場所を変更してくることもありえます。変更理由に納得できないのであれば、その時点で帰ってしまったほうが無難といえるでしょう。

さて、指定された変更場所を遠巻きに見て、それらしい女性がいたとしてもまだ会いに行ってはいけません。そこから10分くらいは待ってみましょう。相手だって待ち合わせに遅れてきたんですから、おあいこです。

この時、自分以外の誰かと電話で連絡を取っているようなら、残念ながら美人局である確率が非常に高いです。連絡を取り合っているのは、きっと共犯者の男なのですから。

今すぐ回れ右をして帰りましょう。ただの友人と連絡を取っている可能性もゼロではありませんが、明らかにクロにしかみえない女性相手にリスクを犯す必要がありませんからね。出会い系には女性がいっぱいいるのですから、他を当たればいいのです。

待ち合わせ場所まで車でやってきて、乗せようとしてくる

地方都市などでは車がメインの移動手段となっており、待ち合わせしてからどちらかの車で移動するのは珍しいことではありません。しかし、そんなときでも出来ればこちら側の車に乗せておくほうが安全です。

相手の車に乗ってしまえば、それはもう相手のテリトリーです。どこに連れて行かれるかもわからないし、もしかしたら後部座席に男がひそんでいるかもしれません。

ホテルへ向かうはずがどんどん人気のない場所へ移動していき、しまいには共犯者が待ち構える山の中に連れ込まれてしまったとしたら……お金どころか、命の危険さえあるでしょう。

電車での移動が一般的な都市部であれば、決して車に乗らないでください。徒歩での移動やタクシーを利用しましょう。

  • 「人の車の匂いがだめで、気分が悪くなってしまうんだ」
  • 「ガソリン代がかかってしまうから、タクシーでいこう」
  • 「どうせ渋滞してるから、電車で移動したほうが早いよ」

といったように、それらしい提案をすればいいのです。それでもなお、執拗に乗せようとしてくるのなら明らかに怪しいといえます。

そもそも車という危険なアイテムを使わせないためにも、出来れば待ち合わせ場所は駅前や駅ナカにしておきたいところですね。

いきなり自宅に誘ってくる

まともな女性であれば、会ったばかりの男をいきなり自宅にあげようとは絶対に思いません。よほど親しい間柄でもない限り……知り合いや友達レベルでは自宅に招くことに抵抗を持つのが普通なのですから、出会い系であったばかりの男を自宅に誘うなんてのは狂気の沙汰です。

もしかしたら、自宅にあげた途端に男の態度が急変してレイプされるかもしれないんですよ? いきなり縛り上げられて、宝石や通帳といった金目の物を奪われるかもしれないんですよ? 体力が劣る女性であれば、まずそういった身の危険を考えるのが普通です。

それなのに、いきなり自宅に誘ってくるのは99%が美人局であり、残りの1%はメンヘラのキチガイです。絶対にかかわらないようにしましょう。

「ホテル代がもったいないし、うちが近くだからこない?」

なんて言われると「ああ、そうかも。それでいっか」なんて思ってしまうかもしれませんが、常識で考えればありえないレベルでおかしいことなのです。

もし誘いに乗ってしまえばどうなるかといえば、答えは簡単です。ベッドに誘われて、いざこれからセックス……といった段階で、タイミングよく夫や彼氏を称する男性が帰ってくるのです。

こうなってしまうと、非常に厄介です。なんせ、こちらが「配偶者に対して不貞行為を働こうとした加害者」とされてしまうのですから。

まだなにもしてない路上での美人局なんかは「まだなにもしていない完全なる被害者」で突き通せますが、自宅にホイホイついていって相手のテリトリーでセックス前の現場を抑えられるとあっては、あまりにもこちらに不利です。

初対面で自宅に誘われたら、すぐに帰ることをおすすめします。

行くホテルを指定したり、ホテルまでのルートを誘導してくる

できれば、行くホテルもこちらで決めたいものです。しかし、最近ではオシャレなラブホテルが増えてきており、女性から「このホテルがお気に入りなの!」と言われてしまうと、こちらも無理に変更しにくくなってしまうことも。

「せっかくなら新しいところを開拓してみない?」と提案してみてもいいですが「このホテルはアメニティも充実してるし、サービスも豊富で部屋もきれいだからここがいい!」と譲らない女の子も中にはいます。

ですから、相手がホテルを指定してきただけでは美人局かどうかの判断はつきにくいですが、あまりにもそのホテルにこだわる場合は怪しんだほうがいいですね。

特に、ホテルまでの道を先導して引っ張ってくるようであれば怪しいといえます。駅から真っ直ぐ向かうルートのほうが近いのに、変に遠回りをし始めたら美人局の可能性が高いです。

人気のない通りにさしかかった当たりで、共犯者の男が待ち伏せしている可能性があります。そこを通りたいがためにルート変更を仕向けているのです。

やはり、ここは自分で指定したホテルを利用するのが一番安全です。しかし、女性によっては「お気に入りのホテル」があることもお忘れなく。

ゴムを付けなくていいよ、といってくる

美人局とはちょっと違うかもしれませんが、被害としては似たようなものですから紹介しておきます。

初対面や、まだ回数を重ねていないにも関わらず、避妊具をつけなくていいと言ってくる場合は要注意です。男であれば「え、いいの!? 中出し出来るなんてラッキー!」なんて短絡的に考えてしまいがちですが、そこには恐ろしい罠が待ち受けているかもしれないのです。

まともな女性であれば、性病や妊娠のリスクを考えてゴムなしのセックスなんてのはまずさせてくれません。ただ、出会い系という場所はまともじゃない女性も多いですから、一概には言えないのですが……それでも、やっぱりふつうはゴムありのセックスが基本です。

いきなり中出しを迫ってきたり、何度もゴムなしでのセックスを望んでくるようなら、のちに妊娠をしてしまったとウソをついてお金をゆすってくる可能性があります。

これは美人局と違って共犯である男が必要ありませんし、女性一人で完結してしまいますから、やろうと思えば誰だって出来る恐喝行為です。

最近では特にピルも普及して安く手に入りますし、実際にピルを飲んでいて妊娠を防ぎつつ、相手にはピルを飲んでいることを伏せておけばノーリスクでお金をむしり取ることも可能です。

主に中絶する費用を恐喝してくるケースが多く、いまはインターネットで検索をすれば「中絶手術代の領収書の画像」だって簡単に手に入りますから、これを加工されて送られてきた日には思わず信じてしまいそうなものです。

「こんな画像や紙じゃ信用できない! 妊娠している証拠を見せろよ!」

と、強硬な態度を取ったとしても、相手は更にそれを上回ってくるかもしれません。

メルカリという若い女性の間で大ブームとなっているフリマアプリがありますが、メルカリのなかでは「陽性になった妊娠検査薬」が売られていることがあるのです。

もし陽性になった妊娠検査薬が送られてきたとしたら、相手はきちんとあなたの言い分に則って証拠を提示してきたのですから、認めざるを得なくなりますからね。

仮にこの手口で3回のセックスをした場合、女性からすれば1回につき5~6万円の収入を得るのと同じです。一般的な援助交際の2~3倍の価格ですから、上手くいけばボロ儲けですもんね。

出会い系で知り合ったばかりの女性に中出しをするのは、性病も相まってかなりのリスクといえます。

会う前の準備として

自分では完璧に対策をしたつもりでも、相手が美人局のプロであればその上をいかれてしまうこともあります。いくら注意をして美人局に会う確率を99.9%まで抑えたとしても、0.1%の確率は残ってしまいゼロには出来ないのですから。

もし被害にあってしまったとしても、その被害を最小限に抑えるための方法をお教えします。

  • 免許証や保険証、会社の名刺といったような身分がわかるものは持っていかない
  • クレジットカードやキャッシュカードなども持っていかない
  • 仕事帰りに待ち合わせなどの場合は、それらの物をコインロッカーに預けておく
  • 食事代やホテル代、交通費といった必要最低限の現金だけをもっていく
  • 万が一、現金をすべて奪われてしまったときに備えて靴の中敷きの下などに交通費を隠しておく
  • 携帯電話にはかならずロックをかけておき、脅されても解除しない
  • 人気のない場所であっても、大声をあげて助けを呼ぶ

大事なポイントとしては「個人情報をわたさない」ことと「現金は必要最低限」だけもっていくことです。

現金がそもそもないのであればそれ以上奪い取ることは出来ませんし、個人情報がなければ後日になって脅されてゆすり続けられることもありません。

もし現金がなくても免許証をもっていた場合、その足で消費者金融や闇金業者に連れ込まれて、その場で借金を背負わされてしまう可能性も考えられます。

相手も個人情報を引き出そうとあれこれと脅しをかけてくることでしょう。しかし、それに屈してはいけません。相手だって、なるべくなら穏便でラクに済ませたいのです。

暴力をふるえば暴行罪になってしまい、余計なリスクを背負うことになります。「こいつは金にならなそうだし、めんどうくさいな」と思わせればこちらの勝ちです。

ないことを祈りますが、中には刃物などで脅してくることもあるかもしれません。命の危険を感じた場合は素直に従うことも必要になってくるでしょう。

まとめ

美人局はある程度のパターンが決まっており、それを把握していればほとんどの場合は事前に防ぐことが出来ます。

ただ、男女の出会いとなればどうしても気持ちが舞い上がってしまうものでしょう。冷静な今であれば、落ち着いて判断できたとしても、いざ女性を前にした場合やセックスへの期待が高まりすぎているときなどは、判断力が落ちることもありえますから、十分に気をつけましょう。

しかしながら、サクラと同様に常に「この人は美人局じゃあるまいな!?」と疑って警戒し続けるのも疲れてしまいます。サクラは今でもたくさんいますが、美人局はそれに比べたら遥かに少なく、遭遇する確率はかなり低いのが実情なのですから。

常日頃から美人局を警戒しつづけるのではなく、怪しく感じた部分があれば「そう言えばどっかで見たブログにこんなことが書いてあったな!」くらいに思い出していただけるのがちょうどいいかもしれません。

出会い系で美人局の被害にあう人は確かに存在します。しかし、その何千、何万倍も出会い系で女性と出会ってデートをしたりセックスをしている人が存在しているのです。

ちょっと怖いところもたまにありますが、やっぱり出会い系って楽しいところですよ!!

出会い系サイト初心者がポイントを無駄にしないためのテクニック

出会い系サイトが安全かどうかもわからないのに、いきなり数千円出すのは抵抗がありますね。

やみくもに手をだしていってもお金をムダにしてしまうだけ。

そこで今回は、出会い系サイト初心者がポイントを無駄にしないためのテクニックをまとめてみました。

ぜひ、ご活用ください。

お試しポイントが用意されている出会い系サイト

まずはお試しポイントが用意されている出会い系サイトを選んでみましょう。(当サイトで紹介する出会い系サイトはすべてお試しポイントが用意されています)。

最近は登録時に1000円分ほどのポイントを付与してくれるサイトが増えています。1000円分もあれば20回以上メールを送ることもできますし、サイトの質や返信率などを確かめるには十分です。

大体のところは、メール1回の送信につき5ポイント(50円相当)です。メール送信以外にプロフィールを見たり、写真を見たりなど色々やると思いますが、それでも1000円分あれば、10人ぐらいにはアプローチできるはずです。

複数回やり取りして順調にいけば、LINE ID交換などさらに次のステップに進めるチャンスがあります。

仮に返信率が悪く、「このサイトはダメだな」と思えば、そこでやめれば良いだけ。1円も無駄になりません。

まずはお試しポイントがあるサイトをピックアップし、全サイト登録してみましょう。その中から返信率が良かったり、好みの女性が多いと感じたサイトをピックアップすれば理想的な使い方ができます。

すべてのサイトで同じ行動をする

そしてお勧めの方法は、すべてのサイトで同じ行動をすること。

  1. 同じプロフィール内容にする
  2. 同じプロフィール写真を登録する
  3. 同じ人数にメールを送る(例えば10人と決める)
  4. 同じ内容のメッセージを送る

上記を、実行すれば全て同じ条件になるので、どのサイトを利用したほうが返信率が高まるのか、一目でわかります。

サイトごとにプロフィールを変えたり、メッセージ内容を変えてしまうと純粋なサイトの比較ができなくなってしまいます。

まずはサイトの質を確かめることに尽力しましょう。

登録後どれぐらいメールが来るのかチェック!

安全なサイトほど、登録直後でもほとんどメールが来ません。女性の場合はメールがたくさん届きますが、男性は1通か2通くれば良い方。

例え来たとしても、その内容は業者や水商売関係と思わせる内容が多いです。

「気になってメッセージ送っちゃいました!私は新宿で働いているんで、もしよかったら会いませんか?」

「はじめまして!ワタシも登録したばかりなんでよかったら友達になってくれませんか?返事待ってます!」

などといきなり積極的に来る女性がメールしてきたら、それは一般人ではない可能性大です。悪質な出会い系サイトにありがちなのは、登録直後にありえないほどのメールが届くこと。

登録して30分程度で5通ほど届くケースなどが報告されています。一般的に出会い系サイトは男女比が7対3ぐらいと言われていますから、男性が余るほど登録しています。そんな状況で、1人の男性にメールが集中することはありえないです。

登録して全くメールが来ないと張り合いがないと思うかもしれませんが、それがリアルな現状。むしろステマやサクラなどが在籍していない信憑性のあるサイトという証になります。

たくさんメールが届くのは、お試しポイントだけでなく、さらに追加でお金を払ってもらおうというサイトの悪質な罠です。もしたくさんメールが届いたら、いくら内容が魅力的でも、そのサイトの継続利用はお勧めできません。

特にちょっとH系の誘いがある場合は、完全にサクラ確定です。内容的に個人を特定したようなものではなく、誰にでも送れるような内容だったら返信しないようにしましょう。

お試しポイントが終わるタイミングを注視する

お試しポイントが終わるタイミングで、すんなり連絡先交換できるわけではありません。ときには追加でポイントを購入しなければいけないケースも出てきます。

ただし、どんな女性とやり取りしても結局連絡先交換できず、ポイントを追加で払わなくてはいけない状況になるなら、それは怪しいんだ方が良いです。

それは、運営側が用意したサクラの可能性が考えられます。サクラはとにかくお金を使わせることが目的ですから、思わせぶりな態度をしておいて結局連絡先を教えないというパターンに持ち込もうとしています。

その結果、お金もどんどんせびるという形。

よく使われる手口が、

  • 「携帯の調子が悪い」
  • 「LINEはよくわからない」
  • 「友達としかLINEはやらない」
  • 「実際に会う友達としか連絡先を教えない」

という言い訳。

仮にLINE交換して相手が嫌な人だったとしてもブロックすればいいだけですから、出会いを求めている女性はLINE交換をそこまで嫌がるわけがありません。

何か言い訳をして連絡先を引き延ばす相手がいるのなら、そのサイトの利用はやめた方が良いです。気を使ってくれる女性ならポイントが無くなる前に連絡交換に応じてくれるはずです。

一般的に連絡先交換は、遅くとも8~10回程度のやり取りをしたら教えてくれる女性が多いです。もしこの目安を超えても全く連絡先交換してくれないなら、違う女性、もしくは違うサイトを利用するようにしましょう。

スマホを2台使うテクニック

もし、スマホを2台持っているなら使えるテクニックがあります。

単純に、2台両方で出会い系サイトに入会するのです。そうすれば、5つの出会い系サイトに入会すれば、10サイト分の無料ポイントが手に入ります。

というのも、最近の「まともな」出会い系サイトというのは携帯電話の番号やメールアドレスの認証が求められることが多いので1つの携帯電話しかない場合は、1人分しか登録できないのです。

あるいは、出会いの確率を上げたいなら、ひとつは男性、ひとつは女性として登録してみるという作戦もあります。

そうすれば、女性からの視点で出会い系を見ることが出来ます。例えば男性のプロフィールや掲示板が見放題というサービスがありますが、これは勉強になりますよ。ライバルがどんなことをしていて、どんな風に出会いを求めているのか。「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」とも言いますからね。

お、この手は使えるな!というのがあったらどんどんパクってやりましょう!

出会い系サイトに「騙されるとどうなるのか?」「騙されると何を失うのか?」

「騙されるのがイヤだ」と考えすぎると出会い系サイトを利用するモチベーションがどんどん下がっていきますよね。

大手出会い系サイトなら、出会い系サイトに騙されることはぜったいにありませんが、他の悪徳業者がまぎれこんでいたり、援デリ業者のメールが来たり、おかしな女が存在したりしています。

騙されるケースも多く、騙しの手口も多種多様です。

「どうすれば騙されないのか?」を考えることも大事ですが、その前に、出会い系サイトに「騙されるとどうなるのか?」「騙されると何を失うのか?」を考えてみませんか?

騙されることばかりをこわがって、出会い系サイトを利用しないのはもったない。「騙されると何を失うのか?」をわかっておけば、最悪でもこれらの被害だけですむという安心につながるのです。

そのあたりをきちんと整理しておけば、出会い系サイトにモチベーションをもう一度高めることができるはず!

1.出会い系で騙されてしまうケースとは

「会ってみたら、見た目が全然違っていた! どこがE-girls系だ! ただのクソデブヤンキーじゃねぇか!」くらいはまだいいでしょう。

出会い系サイトで騙された実例は、このようなものがあります。

  • サクラと思しき女性に、ポイントばかり使わされ、結局会えなかった
  • ようやくこぎつけた初めてのデートで、知り合い(?)の怪しげなお店に連れて行かれ、高額なアクセサリーや絵画を買わせられた
  • 「一緒にイベントに行きませんか?」と誘われて行ったら、ネットワークビジネス勧誘の包囲網が敷かれていた
  • ホテルに誘われて会ってみたが、トンデモないBUSUだった。仕方なく事に及んだはいいが、3万円もむし取られた。写真も撮られて、ネットに拡散すると脅された
  • 合意の上、と思っていたのに「無理やりヤラれて傷ついた。金銭で償ってほしい」とコンビニのキャッシュコーナーに連れて行かれ、公衆の面前で大泣き(もちろん演技)された
  • よく分からないサイトに会員登録させられ、その後、ものすごい数の怪しいメールが届くようになった

相手は、「会いたい」「できればヤリたい」という気持ちにつけこみ、多彩な手口で騙しを仕掛けてきます。

騙されるほうが不用心すぎる、と言う人もいますが、騙された側が失うものの大きさを考えると、そうも言っていられなくなります。

2.騙されて失うものとは

お金

騙されて失うものとして、代表的なものは「お金」です。

騙す側の目的も「お金」もしくは「お金」につながる情報なので、「騙された=お金を騙し取られた」となりやすいのです。

出会い系サイトのサクラに引っかかって、会えないのにポイントばかり消化させられる被害も、「お金」の被害に他なりません。

また、「自分はお金は持ってないから、騙されても失うものはない」と、安心もできません。

騙す側はお金持ちだけを狙っているのではありません。

むしろ、お金の管理をしっかりしているお金持ちよりも、収入が安定せず、お金の管理ができていない人が標的になりやすいのです。

現金がない人でも、キャッシングに誘導してお金をむしり取るケースもあります。

時間

騙されていた期間が長いほど、精神的なダメージが大きくなります。

騙されていると思わずに連絡を取りあっていた時間が、「全部ムダだった」「全部ウソだった」と思うと、なかなか立ち直ることができません。

騙されて失った時間は、騙されていた時間+立ち直る時間なのです。

安全

騙されて失うものの中で、もっとも深刻なものは、「安全」です。

多くはお金の搾取を目的に、騙す側は、あらゆる個人情報を引き出しています。

その手口は巧妙で、騙された側が意識しないうちに収集されています。

そして、「安全」が失わることの怖さは、一時的ではないということです。

「もしかして、あのとき騙されて登録したサイトからの情報が悪用されているのかも……」という不安は、ずっとついて回ります。

信用

さらに恐ろしいのは、騙された側なのに「信用」を失ってしまうということです。

搾取された個人情報が、悪質に転用され、どこかで別の誰かを騙すことに使われてしまうことがあります。

また、「自分は騙された側だ」と正当性を主張しても、「不用意だった」「そもそも出会い系サイトなんて……」という、第三者の見方が変わるものではありません。

また、家族がある人であれば、お金を失うという実害は家族にも影響を及ぼすことです。

自尊心

お金や時間は、被害額や費やした時間など「測ること」ができるもので、第三者でも被害の大きさをはかり知ることができます。

また、安全や信用も具体的にどのような被害が続いているのかは、説明可能です。

しかし、騙されたことで失うのは、こうした説明可能なものだけではありません。

「騙されてしまった自分」に嫌気がさしてしまったり、「騙される自分は、まわりにバカだと思われているんだろうな……」と悩んでしまったり、「また別の方法で騙されてしまうんじゃないか」と不安になったりしてしまうことも、騙されたことによる被害です。

自分を否定したり、自信が持てなくなってしまうのは、「自尊心」が失われてしまったからです。

出会い系サイトに「騙されるとどうなるのか?」「騙されると何を失うのか?」

出会い系サイトで騙されて失うものは、お金だけではありません。

「お金はまた稼げばいいか」と考えて立ち直ることもできますが、時間や安全、信用、自尊心などを取り戻すのは容易なことではありません。

出会い系サイトでこうした被害に合わないように、信用のおける優良サイトを利用し、相手の見極めは慎重に行いましょう。

素人だけどヤベー女「激辛女子」対策

当サイトは、普段は悪徳業者だの援デリだのの危険性をとうとうと書いておりますが、本日は、素人だけどヤベー女。「激辛女子」について語っていきます。

出会い系は、まずは一回会うまでが大変だし、その前にメールの返信すらなかなか来ませんが……。その1回会うのを成功したら、「次!次」と積極的な方もいると思います。

ただ、せっかく1回会えて、セックスまでたどり着けた女性ならなおさら……それなら彼女やセフレとして、できれば定期的に会えるよう大切にしていきたいですよね。

でも中には、とんでもない恐ろしい「激辛女子」が存在しているので気を付けてください!

激辛女子の特徴ってなんでしょう?

激辛女子と会うだけの場合

危険度1、それなりに可愛いけど、実は性格がヤバい

解説:性格が粘着質で、一度会っただけで彼女面をする女性。本当に彼女が欲しいのであればいいですが、その子で大丈夫?

危険度2、なんでこの子が出会い系?という美人は高確率でメンヘラ

解説:メンヘラって言う言葉はあまり使いたくないんですが、ここではメンヘラを精神的に弱っていて自立していない子とします。

この子達は男に依存してくるので、やたらラインやメールの返信が早い。送ったらすぐ返信が毎回くる子は、たいてい常にスマホをいじっていてSNS依存になっています。

その子に付き合いきれます?

危険度3、遠くから見ただけで、おしゃれではないのに露出が激しすぎる女性

解説:いきなり爆乳でセクシーな女性がすり寄ってきたらどうします?

これは実例ですが、初めて会ったときに、顔はしもぶくれで、ふくよかなのにミニスカートとぴちぴちすぎて、ブラがカーディガンのボタンとボタンの間から見えてしまっている女性。

その女性を見た瞬間、わたしはひいちゃいましたけど、とりあえずいきなり逃げるのも追いかけられそうで怖いのでご飯だけと思いお店に入ったら……大声で意味不明の話(友人の友人が●●した、だとか)をし始めました。

酔っ払っているかおかしいかのどちらかにしか見えなかったそうです。

しかもその女子は大声で自分の話をしながら、爆乳をすり寄せてきました……ラーメン屋なのに。

性欲0ですw

さすがににこやかにフェードアウトしましたが、こんな女性1回いたすだけでもかなり危険です。

なぜなら、この類いのかたは合法違法に関わらず薬をやっている可能性が高いです。

(私の経験上)あと成人女性で精神的に破綻しているのに、生活ができているのであれば男性が支えているはずなので、もしかしたらエッチの最中、彼氏がやってくるなんてことも……そんなリスキーなことしたいですか?

怖いですねー。

激辛女子と一回会ってHした場合

危険度1+、Hしたら彼女確定女子

会っただけでも彼女面する女の子はあまりいませんが、Hした場合こうなる女子は多いです。自分の目的をしっかり話しておいたほうが得策です。

あることないことSNSで拡散されます。

危険度2+、やたら積極的なHな子。

あまりあなたとの間に感情をくすぐる出来事やストーリーがないのに、もう毎日でも「好き」「会いたい」という子。

その子は多分「セックス依存症」です。あなたのことが好きではなく、セックスできる対象として好きなんです。

「やりたいだけならいい」と思うかもしれませんが、そういう子だいたいセックスに関しては貪欲なので「リスクのある男」ともしています。

ということは何らかの性病をもっている可能性が大です。

危険度3+、いきなり結婚や妊娠したいとほのめかす女子。

コレ結構ヤバいです。本人が自覚して言っている場合は、ただの冗談みたいなものなので“まだマシ”です。

ただ、本気で行っている場合、あなたとの現実的な関係性を直視しておらず「白馬の王子様」と勘違いしており、妄想と現実の境がわからなくなっているので、そっと離れましょう。

このタイプは最初に「オレ付き合う気ないから」と釘を刺してもムダです。都合のいいことしか覚えていません。

とここまで怖い激辛女子についてお話ししました。

本気で恋したいなら、危険度2までの子であれば素敵な関係を気づける可能性もあります。

そこで気を付けて欲しいのが、

  • 最初からむやみやたらに自分の個人情報を話さないということ
  • ある程度自分が遊びなのか本気なのかを相手に伝えておくこと

本当は、「本気!」っと言ったほうが、デートもヤれる率は高くなりますよ。

でも後からもめて「騙されたー!」と追っかけられるよりも、いいことが多いです。

デートしているときに、さりげなく女の子の良いところ伝えると同時に、自分の本気度も伝えてもいいかもしれません。

個人情報については、相手が普通の女性であれば、慎重ですし「どんな人なんだろう」と探りを入れてくるとおもうので、その安心材料として自分の仕事や本名を明かすのは良いと思います。

嘘を付くとあとあと良い関係になれたものが、ダメになることが多いのでフェイスブックやツイッター、インスタグラムくらいはしっかり友達の友達くらいまでに限定し、詳しい情報は見えないように保護しておくのが得策ですよ。

ネットストーキングされてから、あなたの友達に色々バラされて恥ずかしい思いをしたくなれば、是非。

18歳未満に手を出さない方法

18歳未満に手を出すのはやめましょう。

「女子中学生や高校生とエッチしたい!」という男性もいると思いますが、そこは欲望をぐっと押し殺し、我慢しましょう。

18歳未満に手を出しちゃうと、やっぱり捕まることってあるんですよ……。出会い系サイトを通じて児童買春・ポルノ禁止法違反で捕まった事件も多いです。

こういった例は、全て18歳未満の女性を相手にしているケース。「同意の元なら18歳未満でも大丈夫だろう」と思っている男性も多いんですけど、何がきっかけでバレるかわかりません。

例えば、相手の女性はいいと思ってても、その女性の親がスマホ見て、援交を知って警察に通報したという例もあります。あるいはツイッターなどのSNSがきっかけで、援交の噂が広がり、警察のほうに連絡がいくということも考えられます。

このようにバレてしまう要素は意外と多いんです。悪いことは言いません。18歳未満は辞めておきましょう。

逆に言うと、18歳未満でなければ法律違反になるわけではないので、相手の年齢をしっかりと確認できれば大丈夫です。

ちなみに児童買春・ポルノ禁止法違反で捕まった男性が利用していた出会い系サイトは「ギャルル」が多いと言われています。このサイトは18歳未満でも利用可能になっていたので、女子高校生とも連絡が取れるケースがあるんですよ。(ちなみに今でも「ギャルル」は運営中ですね……)

でもリスクを考えれば、利用を避けた方が賢明です。

18歳以上で身分証明書確認があるサイトを選ぶべし!

出会い系サイトを利用する時は、自分の年齢確認だけでなく女性の年齢確認もしているサイトがいいです。男女ともにしっかりと年齢確認しているサイトは、下記のようなところがあります。

  • ワクワクメール
  • ハッピーメール
  • PCMAX
  • イククル
  • メルパラ
  • YYC
  • ペアーズ
  • ラブサーチ
  • マッチドットコム
  • タップル
  • ヤフーパートナー

こういったサイトなら、年齢確認を行っているので安全性は高いです。例えば、17歳が20歳になりすまして登録するといったことも出来ないので、トラブルもありません。

このように身分証明書の提出があるかどうかも大切です。上記紹介したようなサイトはいずれも有料ですが、無料のサイトほどこういった規制が緩いので犯罪につながりやすいです。

無料のサイトを使うと迷惑メールが来たり、個人情報が流出したりなど他にもマイナス要素が多いので利用しないようにしましょう。

後払い制の出会い系サイトは避けよう

出会い系サイトを選ぶときは月額制、またはポイント購入前払い制のいずれかを選択しましょう。

最近は後払い制の出会い系サイトもだいぶ沙汰されてきているので少ないですが、もしあった場合は高額請求などのリスクもあるので避けた方が良いです。悪質なところはお試しポイントを配布して、いつの間にか有料に切り替わっているということもあります。

ただ、本当に優良なサイトだとお試しポイントを無料で配っているところもあります。

例えばハッピーメール、ワクワクメール、PCMAX、ミントC!Jメール、YYCなども無料お試しポイントがあります。ただポイントを使った後は利用できなくなるだけなので、いきなり有料に変わってお金を請求してくるということはないです。

安全なサイトと言える判断基準は、そのサイトが何年運営されているかも大切です。上記紹介したようなサイトは、いずれも10年以上運営されているので問題ないでしょう。

安全なサイトでも逮捕者が出るケースが!

上記紹介したような安全性が高いサイトでも、逮捕者が出ることがあります。といっても男性側が利用して逮捕されるわけではなく、トラブルに巻き込まれてその相手(女性側)が逮捕に至るというケースです。

過去には出会い系サイトで知り合った女性に会うため、待ち合わせ場所に行ったところ、女性の背後から複数の男性が現れて暴行にあったという事件がありました。

「俺の女に手を出しただろう」などと因縁をつけて暴行し、金銭を奪ったというニュース。

出会い系サイトにはこういったリスクがあるので、十分注意する必要があります。このような罠を仕掛けてくる女性は稀なケースですが、時折あります。

こういった女性に共通することは、「積極的なアプローチ」を仕掛けてくること。出会い系サイトを使ったことがある人ならわかると思いますが、出会い系サイトは9割9分、男性からアプローチするものです。

女性から積極的に連絡が来るということはまずないでしょう。しかし男性とグルになって金銭を盗もうと考えている女性は積極的にアプローチし、場所を指定して会うことを伝えてきます。

この段階で不穏な空気を感じて、相手からの連絡を拒絶するようにしましょう。そうすればトラブルに遭うこともなくなるはずです。

女性から言い寄られることなどないので、ついつい会ってみたくなりますが危険な可能性もあるので冷静な対応が必要です。

18歳未満とエッチをしなくても逮捕される場合がある

20130214_7d905018歳未満と会ってエッチをしちゃった場合逮捕される場合があるというのはお伝えしたとおりですが……。

実は、エッチどころか会ってすらいないのにきっちりと逮捕される場合があるのをご存知でしたか?

実は意外なところに、法律違反が潜んでいたのです。

女子中学生に裸の画像を送信させた消防士を逮捕

宮城県警は13日、自分のスマートフォンに女子中学生(12)の裸の画像を送信させたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、山梨県甲州市塩山上井尻、東山梨消防本部消防士柳沢康仁容疑者(30)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年12月8日午後8時50分から9日午前0時10分ごろまでの間、宮城県内に住む女子中学生にタブレット端末のカメラで裸を撮影させ、画像5枚をスマホに送らせた疑い。

http://www.sanspo.com/geino/news/20140313/tro14031320370012-n1.html

このように、わいせつな写真を受信しただけで逮捕されることもあるのです。

こちらから要求もしていないのにいきなり送りつけられただけ、というのであればいきなり逮捕されるということはまずないとは思いますが交換だったりちょっと希望したりするだけでも、引っかかる可能性は大いに有ります。

このように、出会い系において18歳未満というのは歩く爆弾のようなものです。軽い気持ちで手を出すととてつもなく痛い目に遭うかもしれませんので、ご注意を。

メールで見分ける当たり女ハズレ女

メールで当たり女かハズレ女かを見分ける方法を紹介します。

女性からもらったメールが冷たい、感じが悪い、興味がなさそうだとしたら、大きなチャンスと考えてください。

なぜなら、まず、その女性はサクラや業者ではないことが確定したということなのです。サクラや業者は、男性をひっかけるのに必死ですから、そんなつまらなそうなメールをおくるはずがありません。

さらに、そういうメールを送る女性というのは、ライバルが少ないんです。

やっぱり、冷たいメールの女性より、感じの良いメールを書いてくる女性のほうがいいですよね。それは、考えることはみんな一緒。だとすれば、その女性は、あまり多くの男性とメールをしていないかもしれませんね。

それに、そういうそっけないメールを送ってくる女性が性格が悪いとは限りません。

わたしの経験上、メールの感じと実際に会った時の女性の雰囲気はまったく別物と考えて良いと思います。

というわけで、冷たいメールを送ってきたらチャンス! なのです。

メールで見分けるハズレ女

では、ハズレ女のメールとはどのようなものでしょうか。

出会い系サイトのよくある失敗談。

「いざ会ってみたら話と違う。詐欺まがいのビジュアル」
「見た目は合格、80点。でも話すとメンヘラちゃんだった…」

出会い系サイトを利用している女性が性格の良い美女ばかりだと嬉しいのですが、現実は当然ながらピンからキリまで様々です。

もしメールを始めた段階で見抜くことができれば、出会うまでの無駄な労力と出費を削減できますよね。

外見のウソを見分ける質問

「芸能人でいうと誰に似てる?」

回答が一流の美人女優やアイドルだった場合、残念ながらハズレの確率は90パーセント以上です。

なぜなら外見に自信のある女性は、わざわざ自らハードルを上げません。自分のビジュアルが実際会ったときの手土産になることを、これまでのリアルな恋愛から学んでいます。

でもそうでない側の女性は、いつも恋愛に関して劣勢。メールならばと、つい相手の気を引くために虚勢を張ってしまうのです。

次は、相手の体型を見抜くコツ。

メールの中に、「少しぽっちゃりしたコが好きなんだ」の一文をさりげなく入れてみてください。

「そうなんだー。」と薄いリアクション、もしくは無反応なら、きっとその女性はスリム~普通体型でしょう。自分の体型にコンプレックスがないので、とくにその話題に引っかかることなく、あっさり受け流します。

「私ちょいポチャだよ!」「え、ぽっちゃりってどのくらい!?」と嬉しそうに食いついてくる場合は、ほぼほぼ太っているとみて間違いないでしょう。

メールの特徴から分かる危険サイン

精神的に不安定な女性と関係を持ってしまうと、後々危険なトラブルに巻き込まれることも。性格の好みは十人十色ですが、少なくともメンヘラ女性との接触は避けましょう。

メールの傾向から、危ないタイプの女性を判別します。

メールのやり取りを始めてすぐに、やたらと自分の内心を打ち明けてくる女性

心のSOSが漏れています。誰にでも助けを求める女性は、深刻な自暴自棄に陥っていることも。

送ったメールに対し、釣り合わない分量の長文が毎度送られてくる

丁寧、礼儀正しいを通り越して、かなり重い女である可能性が。粘着質な女性はストーカーにもなりかねません。軽い気持ちで手を出しては危険です。

すぐに会おうと言ってくる女性

セックス依存症、もしくは美人局でしょう。

出会い系サイトで良物件の女性を引き当てるのは、まさに魚釣りのようなもの。餌を仕掛けて、相手の反応をよく観察しましょう。

大物を狙うなら、急がば回れの精神で。

狙いの魚を釣り上げたときの喜びは、きっと格別ですよ……!

女性のぽっちゃりにだまされるな。新しいぽっちゃりの基準

出会い系を安全に遊ぶための問題はサクラや援デリだけではありません。

せっかく素人女性と出会うことになっても「ブサイク」や「ぽっちゃり」にエンカウントしてしまう可能性があるのです。

本日は自称「ぽっちゃり」女について考えていきましょう。

独自の調査によると、女性が自分で言う「ぽっちゃり」は、いわゆる「デブ」。

男性が思い描くポチャポチャっとした、ムニムニっとした、可愛らしいものとは限りません。

しかし出会い系サイトでは、自称「ぽっちゃり」の女性が多く、そのほとんどが男性の淡い期待をことごとく裏切っているのです。

「これはぽっちゃりじゃないだろぉ~!」と、二度と叫ばなくていいように、いま一度、女性のぽっちゃりの基準を考えておきましょう。

1.男性はもともと「太め」には寛容だった!

現代の10代~20代の女性のほとんどが痩せすぎです。子供の頃からダイエット志向で、太ることを異常に恐れています。

しかし、なかには体質や生育環境によって太ってしまった女子もいます。彼女たちは、学校や社会の中で「デブ」だの「ブタ」だの「ブーちゃん」だの、さまざまな呼称で呼ばれ、そこにスリム女子からの差別意識を感じ、ひどく傷ついてきました。

女性同士の中では太っているだけで「格下」に見られてしまうのです。

こうした肥満に対して厳しい基準を持つ女性に比べて、男性はかなり寛容でした。

「そんなに太ることを気にしなくてもいいよ」とか「痩せすぎは魅力的じゃないよ」などの優しい言葉で女性を包み込もうとしてきました。

その究極の表現が「ぽっちゃり」だったのです。

「好みの女性のタイプは、ぽっちゃりです」は、「もっと痩せていなければならない」という女性の呪縛を解いたのです。

2.暴走する肥満女子!もはや、それはぽっちゃりではない!

しかし、こうした男性の寛容さに救われたのは普通サイズの女性だけではありませんでした。

明らかに太っている女性までもが、「痩せなくていいんだ」「私くらいのほうが、ぽっちゃりしてモテるんだ」と、勘違いしてしまい、ぽっちゃりの拡大解釈が起こるようになりました。

「イヤ、それはぽっちゃりとは……」と男性が抵抗しようとも、暴走し始めた肥満女子たちを止めることはできません。

そうです、「ぽっちゃり」の誤用や拡大解釈がないように、「ぽっちゃり」に客観的な指標を加えなければならないのです。

3.「ぽっちゃり」に客観的指標を導入しよう

では、どこからどこまでを、ぽっちゃりと表現してもいいのでしょうか?

具体的な有名人を例に挙げようかと考えましたが、「私くらいでも、ぽっちゃりよ!」とか「○○は△△よりもぽっちゃりです!」というような、ご本人、もしくは熱烈なファンの激しい抗議にあうのが怖いので、ここは抗議をしてこないであろう動物たちを対象として考えてみました。

ブタ

ブタは肥満児の代名詞のひとつであり、たとえ「やせ細ったブタ」がいても、「ブタ=デブ」の構図が崩れることはありません。ブタを「ぽっちゃり」と言おうものなら、世の中のほとんどの肥満女性に「ぽっちゃり」の権利を与えてしまうことになります。

カバ

実は、カバはブタよりも太っています。しかし世間一般で「デブ」を形容する悪口として「カバ」と言われることはありません。その理由は、カバは筋肉量が多いことにあります。筋肉質の身体は、「ぽっちゃり」というよりも、「ガッチリ」「パンパン」「パッツンパッツン」といった印象です。

ゾウ

大きな動物の代表格であるゾウも、太った動物のひとつです。しかしゾウは、全体的な身体の大きさではなく、くびれのない太い脚に注目が集まり、「ゾウ脚」という「デブ」とは別の悪口を担当しています。多忙につき「ぽっちゃり」候補を辞退することになりました。

パンダ

可愛らしいパンダもかなりの「デブ」です。「デブ」がゆえに俊敏に動くこともできず、のっしりのっしりと歩き、緊張感のない姿でのんきに「笹」を食べています。しかし、もしこの生き物が白黒ではなかったら、フワフワの毛がなかったらどうでしょう。ただの巨体です。恐ろしき巨体です。とてもぽっちゃりなどではありません。

パグ犬

犬のなかでも、太って見える犬種のパグ。もともとの体型もありますが、かわいがられすぎてさらに太ってしまったパグもいます。しかし、つぶらな瞳とつぶれた鼻、愛嬌のある表情はなんともカワイイものです
短毛でムチムチとした身体は、「ぽっちゃり」と形容するにふさわしいものではありませんか!

ネコ

今や犬をしのぐ大人気のネコ。ネコはもともと体脂肪も多く太りやすい動物です。近頃は家の中だけで過ごすネコも多く、明らかに運動不足で太り気味のネコが多くなっています。

やわらかい身体はムニュムニュとしていて、「あーこれが女性のオッ○イだったら……」と妄想することもあるでしょう。これです!これこそが男性が求める「ぽっちゃり」です!

以上の結論から、「ぽっちゃり」は「家ネコ~パグまで」という基準になりました。

今後、出会い系サイトで「ぽっちゃり体型です」と申告する女性がいたら、「動物に例えると~」と聞いてみましょう。ここで、「パンダかな?」などと答える女性はぽっちゃりではありません。99%巨体です。

出会い系サイトでの女性の「ぽっちゃり」に騙されないようにしましょう。

未だに騙される人が絶えない、芸能人を装った詐欺メールにご注意を

出会い系を利用していて、芸能人を名乗る人物からメールが来たら……あなたはそれを信じますか?

「そんな馬鹿なやつ、いるわけないだろう」と、思うことでしょう。でも、そんなあり得ない手口で116億円もだまし取った悪質な出会いサイトが過去にあったのです。

前田敦子さんら装い出会い系で高額請求 海外逃亡の幹部を詐欺の疑いで逮捕

捜査関係者によると、警視庁は平成25年に出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)を摘発。事件では、前田さんらを装った「サクラ」がフェイスブックといった交流サイトを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、出会い系サイトに誘導。サイトではメッセージの送受信で1回数百円が課金されており、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。

ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月~24年6月で全国の約37万人から116億円を売り上げたとみられる。

http://www.sankei.com/affairs/news/161005/afr1610050001-n1.html

逮捕されたのは最近なのですが、事件自体は2013年にまでさかのぼります。その頃、AKB48の総選挙では1位に選ばれ、不動のセンターとして君臨していたのが前田敦子で、名実ともにトップアイドルとして活躍していました。

そんな今をときめくアイドルからメールが届いたとしたら、なかには舞い上がってしまう人もいるのでしょう。もし前田敦子のファンであったとしたらなおさらです。

シラフの時に第三者からの立場で見れば冷静に判断が出来て、こんな見え透いた詐欺に引っかかるわけがないと思えるのですが、実際に自分が巻き込まれた場合はそうも言い切れないのかもしれませんよ。

手口としては、振り込め詐欺の一種のようなものといえますね。いわゆる「オレオレ詐欺」の変化形でしょう。オレオレ詐欺は息子だと信じ込ませることで、言葉巧みに現金を引き出す詐欺の手口です。この偽前田敦子も、きっと言葉巧みなメールを繰り広げて、あたかも本物の前田敦子であるかのように信じ込ませていたのでしょう。

公表されている手口によると、このような流れで騙されてしまったようです。


前田敦子のマネージャーを名乗る人物から「敦子が悩みを抱えている。相談に乗ってくれないか」とのメールが届く

口の軽いファンには決して話せない内容。ここだけの話をして聞いてほしい。あなたを男と見込んで、お願いしている

メールには芸能界の裏事情のような内容や、関係者しか知り得なさそうな情報がまことしやかに書かれている

マネージャーを名乗る男性の真摯な態度と、リアリティを感じさせる演出効果により、すっかり騙されてしまう

握手会の当日や、テレビの生放送ライブのタイミングに合わせて「敦子です。いま終わりました!テレビ見ててくれたかな?あなたにウィンクしたの、気づいてくれた……?」といったメールを送ってダメ押しをする

完全に信じ込んでしまった男性は出会い系サイトを通じて2000回以上のやり取りを重ね、最終的に136万も騙し取られてしまう


なお、男性は真剣に前田敦子を助けていたつもりでいたようです。なんとも悲しい事件ですね……。

これらの芸能人を騙る詐欺は前田敦子だけではありません。嵐やEXILEといった女性に人気のアイドルを騙って、女性会員から巻き上げる手口も多く行われていたようです。

ちょっと想像しただけでは、とても自分が騙されるとは思えないのですが、それはオレオレ詐欺についても同じですよね。あんな詐欺に誰がひっかかるんだよ! と思っていても、未だに引っかかってしまう老人たちが後をたたないのです。

今は芸能人がブログやTwitterを利用していることは珍しくありません。そういった情報発信を頻繁に行っている芸能人についてはなりすましの対象になりやすいようですね。

昨日はなにを食べただの、今日はどこでなんの撮影をしただの、そういったリアルタイムで生活感のある情報が簡単に手に入るのです。あとはそれをなぞってメールをすれば、リアリティをかもし出すことができるのでしょう。

いかにも本当そうな芸能界の裏事情だって、それらしくでっち上げればいいんです。どうせこちらは裏とりが出来ないのですから、いくらでも好きなことを適当に書けるのです。

嵐のようなジャニーズにしても情報を完全にシャットアウトしていますので、こちらも好きなように脚色できるのでしょう。それに、ジャニーズやアイドルファンは金払いがいいから狙われるのもあるのかもしれません。

有名人のなりすましは、いまも行われている手口です

出会い系という閉鎖的な空間だからこそ、このようななりすまし詐欺をしやすいのでしょうね。

  • 「秘密の相談をしたくて」
  • 「大っぴらにメールをするとバレてしまうから、ここが安全」
  • 「こんなことを話せるのはあなたしかいない」

そんな甘い言葉をささやかれてしまっては、ファンでなくても特別な感情を抱いてしまいそうです。こちらのブログをご覧になっているような、事前に情報を収集する意識のある賢明なかたでしたら、まずこの手の詐欺に引っかかることはないと思われます。

しかし、世の中はびっくりするほど馬鹿な人間がいるのです。こんな馬鹿みたいな詐欺にひっかかってしまうのは、100人に1人くらいかもしれません。

これは1000人にメールをすれば10人が騙されてしまうということです。1万人なら100人ですよ? その中でもし、先ほど紹介したように100万以上もつぎ込む人がひとりでもいれば大儲けです。

引っかかる人がゼロにならない以上、この手の詐欺はなくならないことでしょう。未だにティッシュ配りがなくならないのと同じことです。

あれを見て電話をかけたという人を実際に見たことがないのですが、これも100人に1人くらいはいるのかもしれません。そこからがっつり搾り取れるのであれば、費用対効果としては十分なのでしょうね。

それに、もし自分が好きなアイドルや女優からメールがきたら

「こんなの怪しいけど、もし本物だったらどうしよう?ここで無視したら、あとでめちゃくちゃ後悔するかもしれない。……うん。そうだ、きっと本物なんだ!!」

という、ファンならではの本当だと信じ込みたい心理が働くのかもしれません。うすうす詐欺だと気づいていても、思わず現実や常識から目をそむけたくなってしまうのでしょう。

もっとも、芸能人を騙る詐欺はリスクも大きいです。おおっぴらに「AKBの前田敦子です」と明言してしまうと、芸能事務所からも訴えられることになってしまいます。

そのため、それとなく濁してくることが多いんですよね。「あっちゃんって言えばわかってくれるかな?いまはAKBのセンターやってるの」といった感じで、巧みに伏せてくるのです。

もしバレたとしても「誰もAKB48の前田敦子なんて言ってないけど?私は草野球チームの赤羽ブラックス(通称AKB)でセンターを守ってる、田中温子(たなかあつこ)です。みんなからはあっちゃんて呼ばれてます♪」なんてふざけた逃げ道を用意しているのです。

それに、こうしてニュースになってしまっていますので、さすがに以前よりはこの手口も減少傾向にあることだと思います。

この有名人を騙る詐欺の対策はあまりにも簡単ですからね。有名人(あるいは関係者)を名乗るメールがきたら、100%詐欺です。たったそれだけです。

想像でしかありませんが、いまならきっとSMAPのメンバーがこの詐欺の手口につかわれているような気がします。

「俺は木村……。今はすっかり裏切り者になってしまった木村、っていえばわかってもらえるかな?今、すごくつらい。その理由も、きっとわかってくれるよね。……少し、話を聞いてくれないかな?例の解散の、本当の理由を聞いてほしいんだ……」

……なんてメールが来たら、思わず返信してしまう女性もいることでしょう。

賢明な皆さんは、有名人を騙るなりすまし詐欺なんかには引っかからないでくださいね!

無料の出会い系サイトは絶対に利用してはいけません!

まず、こちらで紹介している出会い系サイトは、すべて有料となっています。無料の出会い系サイトは一切紹介していません。

「えー、なんでよ。無料で出会えるなら、そっちのほうがいいじゃん!」

と、思うかもしれません。でも、わたしは絶対に有料サイトしかつかいません。なぜかといえば、無料の出会い系サイトは悪質なインチキばかりで絶対に会えないからです!

無料と有料、どっちがお好き? と言われたらそりゃ無料ですよね。でも、それは同じ品質のサービスが受けられるならば、という前提のもとです。

100円のコーヒーと、水で薄めまくった無料の不味いコーヒー。どちらを選ぶかと言われたら100円を支払って、まともなコーヒーを飲みたいと思いませんか?

無料サイトはほとんど出会えないようにできています。水で薄めたコーヒーどころか、ただの水でしかありません。何度も利用した私が言うのですから、間違いありません。誇張なしで、ただのひとりとも出会えませんでした!

ハッピーメールやワクワクメールなどでは、同じようなメールをして何十人と会っていますので、私自身に問題があるとは考えにくいです。結論としては、やっぱり無料サイトはやるだけ無駄と言わざるを得ません。

さらに、無料の出会い系サイトはさまざまなリスクがあります。登録したメールアドレスに迷惑メールがひっきりなしに届くようになるのは当たり前です。

登録した覚えのないサイトから「スペシャル会員のご登録をしていただき、誠にありがとうございます!5日以内に10万円をお支払ください!」といった詐欺まるだしのメールが届いたことも。

その点、有料の出会い系サイトは間違いなく安全です。有料サイトでポイントを買うのと同時に、安全を買うことができるのです。

無料で出会えるわけがない!

そもそもの話として、無料の出会い系サイトなんてのは法律的に存在しないはずなんです。

まず、2008年に出会い系サイト規制法が成立しました。少女売春の温床になっているから、という理由です。

「出会い系サイト規制法」について

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。)は、平成15年に制定されました。 その後、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が依然として多発していたことにかんがみ、平成20年に、出会い系サイト事業者に対する規制の強化等を図るため、同法の一部が改正され、 平成20年12月1日から施行されています。以下、そのポイントを解説します。

http://www.npa.go.jp/cyber/deai/law/

こうして、未成年者が出会い系を利用できないように、警察による出会い系サイトの管理がはじまりました。いま、出会い系サイトをきちんとした手続きで正規に立ち上げようと思った場合、警察への届け出が必須となっています。

さらに利用者が本当に成人であるかどうかの確認として身分証明書の提出や、もしくは基本的に未成年者が所持することのないクレジットカードの決済をその代わりとして採用しています。

ハッピーメールやワクワクメールなどの大手出会い系サイトはきちんと年齢認証の手続きを終えないと、サイトの利用に相当な制限がかかります。メッセージがあらかじめ用意された定型文しか選べなかったり、利用できるコンテンツもかなり少ないので、まともに出会うことができません。

「身分証の提出とか、カードでの決済とか、面倒だなあ……」

と思うかもしれませんが、これはきちんと法にのっとった安全で安心なサービスだという証でもあります。つまり、国家権力公認の出会い系サイトというわけですね。

しかし、無料の出会い系サイトではそんな仕組みを採用しているところはほとんどありません。身分証明書の提出なんかしなくても、クレジットカード決済なんかしなくても、普通に利用できてしまうんです。

「なんだ、それなら面倒がなくていいじゃん!」

と思うかもしれませんが、これってとても怖くないですか? 明らかに法律を無視していますし、法律を無視しても構わないと思っている人が運営しているサイトで、はたしてまともに出会うことが出来るでしょうか。

事実として、私はまったく出会えませんでした。お金こそかかっていませんが、結構な時間と手間を浪費させられ、あとに残ったのは大量の迷惑メールとワンクリック詐欺の請求メールばかり。まさに骨折り損のくたびれ儲けです。

ここで私が学んだことは、無料の出会い系サイトなんてのは「無料で出会える」という文言に釣られた男たちを集めるだけのサイトだということです。

それ以前に、まともな一般女性が無料の出会い系に登録するメリットがまったくないのですから、出会いの場として成立するはずがないのです。

無料の出会い系には一般女性がひとりも存在しません

あなたが女性だとして「たとえお金を払ってでも真面目に出会いを探している男性しかいない有料出会い系」と「無料で会えるならそっちのほうがいいじゃんという適当な男性しかいない無料出会い系」のどちらを利用したいと思いますか?

女性ならどっちも無料で利用できるのですから、それなら前者しか選ばないと思うんです。なんでわざわざケチで馬鹿な男ばかりが集まる無料出会い系に、ノコノコと出向かなければならないのでしょうか。

ハッピーメールやワクワクメールなどは、繁華街で大きな広告看板を設置したり、宣伝トラックを走らせたりしています。それだけでなく、女性が読むような週刊誌やファッション誌に広告を掲載しています。つまり、きちんと一般女性の目につくところにお金をかけて広告を出しています。

しかし、無料の出会い系は男性が見るようなところにしか宣伝していないんです。例えばエッチな動画がみれるサイトだったり、エロ本の最後のほうに広告を載せていたりと、女性ならまず見ないようなところにしか広告がありません。

すると、どうなるでしょう? 一般女性がそのサイトを知るきっかけがまったくないのです。まさにゼロなのです。

こんなことで一般女性と会えるわけがないんですよね。きちんと宣伝をしているハッピーメールやワクワクメールとは雲泥の差といいますか、比べるのも失礼な話です。

このように、無料の出会い系が出会えない理由はきちんとありますし、逆になぜ有料なのかもちゃんとした法的な根拠があることがおわかりいただけたかと思います。

それに、有料といえど初回登録であれば数千円相当の無料ポイントがもらえますし、1000円も支払えば20通分のメールが送れるわけですから、決して高いとは思えません。

昔の出会い系では送信に500円、メールを開封するだけで200円とかかかったそうですから、それを思えば涙がでるほど良心的といえますね。

無料の出会い系サイトの目的

597958無料出会い系の99パーセントはサクラを使った詐欺業者です。

目的は様々ですが、主な目的は顧客登録の際に記入するアドレスの入手です。要するにアドレスをひたすら集めるための手段なのです。

アドレスを搾取した後はそれを別の業者に売って利益にするのです。 個人のアドレスは数千数万単位で集めることができれば業者に買い取ってもらえます。

業者はそのアドレスに一斉送信で広告を飛ばすわけです。 その一斉送信した広告の中から1パーセント程度でも反応して広告効果が期待できれば充分黒字に持っていけるといわれています。

無料出会い系に登録すると永遠と女性からと思われるメールが届き続けると思います。アドレスはもう削除されたのになぜ?と思うでしょう。

同じアドレスでも完全に放置されてるアドレスでは広告を飛ばす意味が無いのです。こまめにサクラメールを送り続けて反応があるか確かめているのです。

反応があるアドレスはつまり、生きているアドレスという事になります。搾取した数万のアドレスの中でも、この生きているアドレスが価値のあるアドレスという事になります。

完全に反応のないアドレスでもサクラメールを送り続ければいつかは反応するかもしれない。

そのために出会い系の詐欺業者は日々サクラメールを送り続けるのです。

サクラのシステムは、数撃ちゃ当たるそのもの

大変な作業と思われるかもしれないですが、数十万件のアドレスに一括送信しているために人員は驚くほど少ないです。

数十万件の顧客に対してサクラメールを送るスタッフは10人程度で十分です。

誰でもできるようなアルバイトとしてサクラスタッフを雇って運営しています。

無料出会い系に登録してもその時のアドレスを搾取されて悪用されるだけだし、素敵な出会いは99パーセントあり得ません。

PCのアドレスならともかく携帯電話のアドレスだと、変更するのはいろいろと大変なのでとても困ると思います。

こういった出会い系詐欺業者からアドレスを買い付ける業者の中には架空請求を生業とする業者も多く存在します。

インターネットの知識が乏しい人にとっては思わず信じてしまうような内容で金銭の振り込みを請求してきますが、100パーセント詐欺ですので相手にしてはいけません。

一度こういった詐欺業者に登録してしまうと、半永久的に不審なメールが届き続けますが、無視しつづければ何の害も無いことは覚えておきましょう。

また、普段から、メールアドレスはフリーメールアドレスを使うようにしましょう→出会い系サイトで使えるフリーメールまとめ